メタボリックシンドロームの全て
メタボリックシンドローム対策なび

メタボリックシンドロームの基礎、原因、対策、予防策など


アディポネクチンの発見
メタボリックシンドロームは自覚症状があらわれないこともあり、
発見,治療が難しいとされてきましたが、
最近の研究により
『アディポネクチン』
という物質が症状に大きく関っていることが分かりました。

名前だけ聞くと
「何かの薬品だろうか」と思わせますが、
これは身体の脂肪細胞から分泌される
「アディポサイトカイン」という物質のことだったのです。

健康な状態の人の身体では
アディポネクチンが多く分泌されており、
逆に内臓脂肪の多い人(肥満症をふくむ)では
アディポネクチンの量が少ないことが分かっています。

こういったことから
アディポネクチンの増加,減少には
脂肪が関与していると考えられ、
「アディポ(脂肪)」という
名称が付けられたのだそうです。

UP▲

~対策へ
~TOPへ


Copy right(C)
メタボリックシンドローム対策なび
All Rights Reserved.