メタボリックシンドロームの全て
メタボリックシンドローム対策なび

メタボリックシンドロームの基礎、原因、対策、予防策など


狭心症
内臓脂肪が体に蓄積することによって
複数の悪性因子が発生し、
メタボリックシンドロームとなります。

メタボリックシンドロームは動脈硬化を引き起こし、
やがて病気に発展します。

狭心症もそのひとつで、
冠動脈に動脈硬化が起こり、
血管の内部が収縮し細くなってしまうことが原因となっています。

血管の内部が細くなると、
通り道が狭くなったことで血の運搬が上手く行われなくなります。

こうなっては心臓にも十分な血が行き渡らなくなり、
運動時や驚いた時などに痛みを感じたり、
激しい動悸を感じたりします。

心臓に大きな負担がかかるほか、
放置するとさらなる病気に発展することもありますので、
原因であるメタボリックシンドロームから
生活習慣や体質の改善を心がけるようにしましょう。

UP▲

~病気へ
~TOPへ


Copy right(C)
メタボリックシンドローム対策なび
All Rights Reserved.