メタボリックシンドロームの全て
メタボリックシンドローム対策なび

メタボリックシンドロームの基礎、原因、対策、予防策など


運動不足
メタボリックシンドロームや
メタボリック症候群の原因となっているのは
肥満症,内臓脂肪の蓄積などが考えられており、
運動不足によるものが多いようです。

仕事や勉強で時間が取れないこともあり、
現代人にとって運動不足は大きな課題となりつつあります。

メタボリックシンドロームを改善するためには、
最低でも一日20分程度の運動が必要とされており、
これは激しいものでなくても良いのだそうです。

散歩や軽いジョギングなど
自分にできるものを"毎日続けること"が、
メタボリックシンドローム,生活習慣病の予防に良いとされています。

ダイエットをしたことのある方なら
経験があるかもしれませんが、
きつい運動はそうそう長くは続きません。

心拍数が一分間で120回程度、
そしてある程度継続した時間
行えるものを選ぶようにしましょう。

UP▲

~原因へ
~TOPへ


Copy right(C)
メタボリックシンドローム対策なび
All Rights Reserved.