メタボリックシンドロームの全て
メタボリックシンドローム対策なび

メタボリックシンドロームの基礎、原因、対策、予防策など


脂質異常
食事によるエネルギーの過剰摂取などによって、
血液中に流れる脂質の量が多くなりすぎる病気のことを
『脂質異常』といいます。

病院での診断などでは
「脂質異常症」として扱われることもあります。

わたしたちの身体を流れる血液のなかには、
四つの成分
「コレステロール」
「中性脂肪(トリグリセリド)」
「リン脂質」
「遊離脂肪酸」
が含まれており、
これらが一定値以上に増加すると
さまざまな病気を引き起こす可能性が高まります。

とはいえ、
血液中に脂質が多く流れていても、
動脈硬化が発症していても、
これらに自覚症状はありません。

脳梗塞,心筋梗塞など
大きな病気が発症してはじめて病状に気付くなど、
"知らないうちに"身体が蝕まれているケースが多いのです。

UP▲

~原因へ
~TOPへ


Copy right(C)
メタボリックシンドローム対策なび
All Rights Reserved.