メタボリックシンドロームの全て
メタボリックシンドローム対策なび

メタボリックシンドロームの基礎、原因、対策、予防策など


糖尿病
血糖値は食事の摂取、
主に糖分の吸収によって上昇します。

血液に乗って身体に取り入れられるわけですが、
このとき糖の吸収を抑えるはたらきをするのが
『インスリン』というホルモンです。

病気や肥満症などによって
膵臓が異常を起こすと、
インスリンが分泌されなくなったり、
ホルモンの質が低下するなどし、
神経系,血管に悪影響が出ることがあります。

糖尿病になることで発症の可能性が高まる病気として
「動脈硬化性疾患」が挙げられており、
網膜,腎臓,末梢神経にも障害が起こるのだといいます。

正常な状態の身体であれば
通常の分泌量で十分なインスリンも、
内臓脂肪が蓄積した状態ではきちんと機能できなくなります。

こういった「インスリン抵抗性」を補うために、
身体ではよりたくさんのインスリンを分泌しようとします。

しばらくの間はインスリンのはたらきによって
何の障害もあらわれませんが、
膵臓の力も無限ではありません。

働き続ければ疲れが出るもの、
膵臓の疲弊によって、
分泌されるインスリンの量も質も低下していくのだといいます。

UP▲

~原因へ
~TOPへ


Copy right(C)
メタボリックシンドローム対策なび
All Rights Reserved.