メタボリックシンドロームの全て
メタボリックシンドローム対策なび

メタボリックシンドロームの基礎、原因、対策、予防策など


高脂血症
肝臓でつくられた
『トリグリセリド』『コレステロール』は、
正常な状態であればたんぱく質に覆われて血液中を流れ、
身体に栄養を運搬した後、
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)に変わり、
再び肝臓に戻り分解されます。

生活習慣の乱れ、
不規則な食事などによって内臓脂肪が蓄積すると、
このLDLコレステロールが増加し血管壁にたまり、
結果として動脈硬化を引き起こすことがあります。

メタボリックシンドロームを含む
さまざまな生活習慣病の原因ともいわれており、
普段からエネルギーの過剰摂取には気をつけなければなりません。

また善玉コレステロール(HDLコレステロール)とよばれる粒子は、
悪玉コレステロールとは真逆の働きをするもので、
血管中のコレステロールを減少、
引き抜く役割があります。

UP▲

~原因へ
~TOPへ


Copy right(C)
メタボリックシンドローム対策なび
All Rights Reserved.