メタボリックシンドロームの全て
メタボリックシンドローム対策なび

メタボリックシンドロームの基礎、原因、対策、予防策など


高血圧症
メタボリックシンドロームは
内臓脂肪の蓄積が原因となって引き起こされる症状であり、
高血圧症を伴うことがあります。

高血圧症とは血圧の値が正常値を上回る状態のことで、
さまざまな病気の原因になることの多い病気です。

わたしたちの身体では、
各臓器をきちんと機能させるために、
血圧が一定に保たれています。

食事で摂取した塩分量を調整したり、
血管を収縮させたり、逆に拡張させたりと、
血圧は色々な役割を担っています。

しかし、内臓脂肪が蓄積した状態では
メタボリックシンドロームになりやすく、
高血圧症により血管が弱ってしまうのです。

血圧に異常が出ることによって血流が乱れ、
圧に耐えるために血管は硬くなります。

生活習慣病を引き起こす可能性が高まるだけでなく、
心臓や脳などに支障を来たすこともあり、
注意しなければならない病気です。

UP▲

~原因へ
~TOPへ


Copy right(C)
メタボリックシンドローム対策なび
All Rights Reserved.