メタボリックシンドロームの全て
メタボリックシンドローム対策なび

メタボリックシンドロームの基礎、原因、対策、予防策など


最前線の試み
メタボリックシンドロームに大きく関係する危険因子のなかでも、
肥満症,高血圧症,高血糖症,高脂血症の四つは
危険信号のサインとして挙げられており、
この四項目全てに異常が見られる状態を『死の四重奏』といいます。

日本では2001年から、
「死の四重奏」の人に対して二次診断,
特定保健指導を受けた際の費用に、
労災保険が適用されることが決められています。

これは、メタボリックシンドロームをはじめとした
生活習慣病予防対策に大きく踏み出した試みであり、
全世界で初の取り組みとなっています。

メタボリックシンドロームの人は、
何も危険因子を持たない人と比較して
病気の発症確立が高いとされており、
こうした制度の導入が大きく貢献していると言えるでしょう。

UP▲

~基礎知識へ
~TOPへ


Copy right(C)
メタボリックシンドローム対策なび
All Rights Reserved.