メタボリックシンドロームの全て
メタボリックシンドローム対策なび

メタボリックシンドロームの基礎、原因、対策、予防策など


メタボリックシンドロームの診断基準
メタボリックシンドロームの診断基準は
海外で定められたものを参考とされており、
これまで日本独自のものはありませんでした。

日本でメタボリックシンドロームの診断基準が設けられたのは
2005年4月のこと、
メタボリックシンドローム診断基準検討委員会で
委員長を務めていた松澤祐次先生が発表したのが始まりでした。

初めてメタボリックシンドロームの診断基準が発表されたのは、
第102回日本内科学会総会。

『メタボリックシンドロームの定義と診断基準』は
日本独自の診断基準として、
現在でも用いられていますね。

これまで参考とされていた
海外の診断基準と比較して大きく異なる点は、
「内臓脂肪の蓄積が、メタボリックシンドロームを構成する因子として大きく関与している」
と明確にしているところです。

内臓脂肪の蓄積に重点を置いた考え方は
これまでに例がなく、
従来のものと全く異なる診断基準であることが分かります。

UP▲

~基礎知識へ
~TOPへ


Copy right(C)
メタボリックシンドローム対策なび
All Rights Reserved.