メタボリックシンドロームの全て
メタボリックシンドローム対策なび

メタボリックシンドロームの基礎、原因、対策、予防策など


メタボリックシンドロームの危険性
メタボリックシンドロームはさまざまな病気の原因となることが多く、
動脈硬化を引き起こす可能性が高まります。

動脈硬化の危険因子である
「肥満症」「高血症」「糖尿病」「高脂血症」など、
身体に悪影響を及ぼす症状を
いくつか重複して発症することが多いのが、
メタボリックシンドロームの恐いところです。

これらの危険因子を二つ以上持つ人は、
健康な身体の人と比較して、
心臓病,脳卒中,狭心症などの発症リスクが大きいのだといいます。

危険因子一つにしても、
二つかけあわせることによって「1+1=10」になり、
さらに四つ併せ持つ人であれば「1+1+1=31」と、
どんどん危険性は高まっていくのです。

まだ身体に異常が出ていない,
異常の程度が軽い人であっても、
危険因子が重複している以上は、
「いつ動脈硬化が起こってもおかしくない」
と言えるでしょう。

UP▲

~基礎知識へ
~TOPへ


Copy right(C)
メタボリックシンドローム対策なび
All Rights Reserved.