メタボリックシンドロームの全て
メタボリックシンドローム対策なび

メタボリックシンドロームの基礎、原因、対策、予防策など


洋ナシ体型とリンゴ体型
肥満と呼ばれる状態にも分類があり、
身体のどの部分に脂肪がついているかによって、
二つに分けられています。

まず一つ目に『皮下脂肪肥満』、
これはお腹から下(下腹部,腰まわり,太もも,おしりの周り)に
脂肪が蓄積している状態のことです。

そして二つ目が『内臓脂肪型肥満』、
こちらは内臓の周りに脂肪が蓄積した状態のことをいいます。

『洋ナシ型肥満』
『リンゴ型肥満』
と呼ばれることもあり、
見た目にも分かりやすいたとえでしょう。

洋ナシ型肥満(皮下脂肪肥満)の人は、
全身的にずっしりとした印象を受けることから、
外見的にも「太っている」ということが分かりやすいのが特徴です。

しかし、リンゴ型肥満(内臓脂肪型肥満)の方は
内臓周りに脂肪が蓄積するため、
外見上「痩せている」ように見えることが多く、
判断が難しいとされています。

リンゴ型肥満の簡単な判断方法としては、
ウエストサイズの計測があります。

男性で85cm以上、
女性で90cm以上ある場合、
内臓脂肪型肥満の疑いがあることになります。

近年問題視されはじめたメタボリックシンドロームの原因に
『肥満症』が挙げられていることからも、
肥満は健康上おおきな障害となる可能性があります。

UP▲

~基礎知識へ
~TOPへ


Copy right(C)
メタボリックシンドローム対策なび
All Rights Reserved.